i4650スキャナー FAQs

Below are the frequently asked questions for the i4650スキャナー.
Select another product by typing the name in the field below.

使用

  • スマートタッチの使用方法を教えてください。
    • このソフトウェアの使用方法については、SmartTouchのユーザーガイドを参照してください。

  • スキャナに関する専門的なサービスやサポートを受けるにはどうすればよいですか?
  • スキャン検証ツール(SVT)を使用するにはどうすればよいですか?
  • スキャナが原稿をスキャン/給紙しない場合はどうすればよいですか?
    • 次のことを確認してください。

      • 電源コードが接続され、電源が入っていること
      • 電源ボタンが押され、緑色のLEDが点灯していること
      • スキャナカバーは完全に閉じられています。
      • 原稿がフィードモジュールに接触し、用紙センサーを覆っています。 用紙センサーを覆っています。
      • スタックの最後のドキュメントは、入力エレベーターの用紙センサーをカバーする領域に黒色を持っていません。
      • ドキュメントはサイズ、重量、タイプなどの仕様を満たしています
      • 厚い原稿の場合は、給紙中にギャップリリーストグルスイッチを切り替えてください。
      • フィードモジュールと分離ローラーに磨耗の兆候がないかチェックし、必要に応じてこれらの部品を交換します。 必要に応じてこれらの部品を交換してください。
      • また、スキャナの電源を落とし、再度電源を入れることもできます。
  • 保証に関する情報はどこにありますか?
  • なぜインジケーターランプが点灯するのですか?
    • Steady green スキャナはスキャン中です。緑の高速点滅:オペレータの操作を待っています。

      緑色の遅い点滅:スキャナは省電力モードです。赤色点灯:スキャナカバーが開いているなど、スキャナエラーを示します。

      赤色点滅の後、緑色点滅 — スキャナはパワーアップ中です。

      スキャナの電源を入れると、赤と緑のインジケータライトが点滅します。約 12 秒後、両方のライトが消えます。緑のインジケータライト が表示されたら、スキャナはスキャンを開始する準備ができています。ただし、ホストコンピュータがスキャナを検出するまでに数秒かかる場合があります。

      フォールディング バー — スキャナがオペレータの操作を待っているとき、青いバーがファンクション ウィンドウの上から下へ連続して下降します。

トラブルシューティング

  • 給餌および輸送時にドキュメントが歪むのはなぜですか?
    • 次のことを確認してください:

      • 入力エレベータサイドガイドは、フィードされるドキュメントに合うように調整されます。
      • ギャップリリースが正しく設定されている。
      • ドキュメントはフィードモジュールに対して垂直にフィードされます。
      • すべてのステープルとペーパークリップがドキュメントから削除されました。
      • フィードモジュール、分離ローラー、およびドライブローラーは清潔で、損傷していません。
      • スキャナートランスポートはしっかりと閉じられています。
  • 長いドキュメントが詰まっているのはなぜですか?
    • [デバイス-一般]タブ(TWAINデータソース)の[ドキュメント管理:最大長]オプションまたは[スキャナー]タブ(ISISドライバー)の[最長ドキュメント]オプションが、スキャンされる最長ドキュメントよりも長く設定されていることを確認します。デフォルトは43.2cm(17インチ)です。

      長いドキュメントをサポートするために入力エレベータと出力トレイエクステンダが引き出されていることを確認するか、オプションのドキュメントエクステンダを使用してください

  • 画像に縦線が表示されるのはなぜですか?
      • イメージングガイドを清掃します。 ユーザーガイドの第5章「メンテナンス」を参照してください。
      • ストリークフィルターオプションを有効にするか、ドライバー設定の積極性を高めます。
  • スキャナーの動作が遅いのはなぜですか?
      • お使いのPCがスキャナーの最小要件を満たしていない可能性があります。
      • 一部の画像処理機能ではスキャナーの速度が低下します。ドライバーの設定を確認してください
      • 300 DPIを超える解像度では、スキャナーの転送速度が遅くなり、スキャナーの速度が低下します
      • ウイルス対策およびマルウェア対策ソフトウェアが、保存されているすべての画像をスキャンしている可能性があります
      • ネットワークドライブにスキャンすると、システムのパフォーマンスが低下する可能性があります。ローカルドライブにスキャンしてみてください
  • スキャン中にOCPメッセージ「PausedforImageTransfer」が表示されるのはなぜですか?
    • ホストスキャンアプリケーションがスキャナーから画像を十分な速度でプルしていません。

      確認:

      • コンピューターはスキャンの最小要件を満たしています。
      • ハードディスクドライブに十分な空き容量があります。
      • USB2.0の代わりにUSB3.0ポートを試してください
      • ドライバー設定で画像圧縮が有効になっていることを確認します。
  • 私の文書がマルチフィードニングになってしまった場合はどうすればよいですか?
    • 確認してください:

      • すべての文書は、付録A「仕様」に記載されているサイズ、重量、タイプなどの仕様を満たしていること
      • 書類からホチキスやクリップがすべて取り除かれていること。
      • すべてのローラーとタイヤがきれいで、分離ローラーとフィードモジュール が正しく取り付けられています。第5章メンテナンスの手順を参照してください。

      原稿詰まりを取り除くには:

      • フィーダーエリアから文書を取り除きます。
      • スキャナカバーを開きます。
      • 詰まった原稿を探し、取り除きます。
      • スキャナカバーを閉じ、スキャンを再開します。

Maintaining

  • ローラのクリーニング方法を教えてください。
    • ローラのクリーニングには搬送エリアのすべてのローラ、セパレーションローラタイヤ、フィードモジュールタイヤが含まれます。

      1. スキャナーカバーを開けます。 

      2. ローラを回転させて、ローラクリーニングパッドで拭いてください。

       2

      3. 繊維くずの出ない布でローラを拭いて乾かします。

      4. セパレーションパッドホルダを手前に引き、セパレーションローラを取り外します。 

      注: セパレーションローラカバーはばねで留められています。 セパレーションローラを取り外すまでセパレーションローラカバーを抑えて、慎重にローラカバーを元の場所に下げ戻します。

       3

      5. セパレーションローラタイヤを回転させて、ローラクリーニングパッドで拭いてください。 溝の間にあるゴミを取り除くように溝に沿って拭くと、最適な効果が得られます。 

       4

      6. タイヤを点検します。タイヤに磨耗または破損の兆しが見られる場合は、セパレーションローラを交換します。この章で後述する「交換の手順」を参照してください。

      7. セパレーションローラのスロットをホルダに合わせて、セパレーションローラを再度取り付けます。

      8. フィードモジュールタイヤを回転させてローラクリーニングパッドで拭き、フィードモジュールタイヤのクリーニングを行います。溝の間にあるゴミを取り除くように溝に沿って拭くと、最適な効果が得られます。 タイヤのクリーニングでフィードモジュールを取り外す必要はありません。

       5

      9. タイヤを点検します。タイヤに磨耗または破損の兆しが見られる場合は、フィードモジュールタイヤを交換します。この章で後述する「交換の手順」を参照してください。

      10. 上部および下部バックグラウンドストリップを静電クリーニングクロスで拭きます。

       6

      11. ほとんど乾いた静電クリーニングクロスで、もう一度上部および下部バックグラウンドストリップを拭き、縞状の汚れを取り除きます。

      12. 上部イメージングガイドおよび下部イメージングガイドを静電クリーニングクロスで拭きます。

       7

      13. ほとんど乾いた静電クリーニングクロスで、もう一度上部および下部イメージングガイドを拭き、縞状の汚れを取り除きます。 

      14. スキャナーカバーを閉じます。

  • 消耗品の入手方法を教えてください。
    • 必要な消耗品を決定するには、このリンクで消耗品カタログを参照してください。 詳細については、このリンクを参照してください。
  • フィードモジュールタイヤの交換方法を教えてください。
    • 1. 片手で下のカバーを持って、もう一方の手でロックタブ(両側に1つずつ)を押します。 上のカバーを引き上げてローラから取り外します。
       8
      2. 両方のコアアセンブリを取り外します。
      3. タイヤを軸からずらして外し、各タイヤを交換します。
       9
      4. 新しいタイヤを慎重に引き伸ばしながら軸に取り付けます。 タイヤの向きに関係なく取り付け可能です。 
      重要:タイヤを引き伸ばし過ぎないでください。ちぎれる場合があります。
      5. 下のフィードモジュールカバーに各コアアセンブリを取り付けて、上のカバーのタブを下のカバーのスロットに合わせます。
       10
      6. 所定の位置にカチッと収まるまで、上下のカバーを同時に押します。
      7. フィードモジュールの左側にロッドでピンを差し込み(1)、上部タブをスロットに合わせて(2)、フィードモジュールの右側にロッドでピンを合わせ(3)、緑のフィードモジュールリリースノブを回して(4)、フィードモジュールを再度はめ込みます。フィードモジュールを取り付け、しっかりと固定されて自由に移動できることを確認します 。
       11
      8. スキャナーカバーとプリンターアクセスカバーを閉じます。
      9. 出力トレイを再度取り付けます。
  • どのくらいの頻度でスキャナーのクリーニングを行えばいいですか?
    • 推奨するクリーニングの順序は、スキャナーの搬送路の掃除機がけ、フィードモジュールタイヤ、セパレーションローラタイヤ、ドライブローラの汚れの拭き取り、イメージングガイドの拭き取りです。

      下記の表を、スキャナーのクリーニング頻度のガイドとして使用してください。

      1

  • 紙詰まりや重送が発生した場合はどうしたらいいですか?
    • 以下を確認してください。

      • 原稿のサイズ、重量、種類などがすべて付録Aに記載の仕様を満たしている。
      • ホッチキスやクリップがすべて原稿から取り除かれている。
      • すべてのローラやタイヤがきれいで、セパレーションローラとフィードモジュールが正しく取り付けられている。手順については、第5章の 「メンテナンス」 を参照してください。

      紙詰まりを取り除くには:

      • フィーダから原稿を取り除きます。
      • スキャナーカバーを開けます。
      • 紙詰まりしている原稿を探して取り除きます。
      • スキャナーカバーを閉じて、スキャンを再開します。

  • Kodak Alarisスキャナーでは、どのような供給品および消耗品を利用できますか?
    • すべてのKodak Alarisスキャナーで利用できる供給品および消耗品の詳しいリストについては、『供給品および消耗品ガイド』を参照してください。