S2070 スキャナー サポート

ドライバおよびソフトウェア

S2040/S2050/2070 Windows 用ドライバ

s2040/S2050/S2070 スキャナーの最新ドライバをダウンロードして、インストールしてください。

リリースノート

バージョン: 2.06.00

S2050/S2070 ファームウェア

S2050/S2070 スキャナーの最新ファームウェアをダウンロードして、インストールしてください。

リリースノート

バージョン: 190405

S2040ファームウェア

S2040 スキャナーの最新ファームウェアをダウンロードして、インストールしてください。

リリースノート

バージョン: 190405

Linux ドライバ

テストされたオペレーティングシステム: Linux Ubuntu & SUSE

注意: Ubuntu 18.04 LTS - 64ビットの場合、ドライバのインストール後、またはLinuxオペレーティングシステムのアップグレード後に、ターミナルウィンドウで次のコマンドを入力する必要があります。
sudo ln -sfr/usr/lib/sane/libsane-kds* /usr/lib/x86_64-linux-gnu/sane

バージョン: 4.08

S2000シリーズスキャナー向けスマートタッチ

スマートタッチソフトウェアを使用すると、1回のボタン操作で、サーチャブルPDF(または他の種類の画像)を容易に作成して、ドキュメントをファイル保存場所または一般的なクラウドサービスに送信できます。

ダウンロードする前に、リリースノートをお読みください。 お客様は、AlarisのWebサイトからダウンロードすることで、使用許諾書の各条項に同意したものと見なされます。  

スマートタッチエクスポートツール

スマートタッチエクスポートツールをインストールすると、1つのコンピュータから別のコンピュータにスマートタッチ設定のショートカットをエクスポートするために使用するツールがインストールされます。 このツールは、Windows OS専用です

Capture Pro ソフトウェア(ライト版)

豊富なスキャン機能を備えたアプリケーションで、大量のドキュメントのスキャンが可能です。 また、Capture Pro LE はドキュメントの編集やインデックス作成などの高度な機能に加えて、複数の場所にファイルを保存・出力する機能を備えています。

Developer Toolkit

Alarisには、スキャナー用のいくつかの統合オプションがあります。   
TWAIN、ISIS、WIAドライバーや使いやすいScanner SDKとの従来のシッククライアント統合オプションがあります。  
また、ホストドライバーをインストールせずに、どのプラットフォームからでもネットワーク対応のスキャナーに統合できる優れたRESTful Web APIを提供しています。 

KOFAX VRSサポート

S2050/S2070 KOFAX VRSサポート

Alaris s2050/s2070スキャナーは、次のVRSバージョンについてKOFAXの認証を受けています。

詳細については、 KOFAXスキャナーコンフィギュレータを参照してください。

*S2040 KOFAX VRSサポート近日発表

SVT診断アプリケーション

このアプリケーションの目的は、スキャナーのサービス診断を実行することです。 サービス プロバイダーが要求した場合にのみ更新

バージョン: 2.01

仕様

一日の推奨処理枚数
最大 7,000 枚/日
読み取り速度*
白黒/グレースケール/カラー:200 dpi および 300 dpi で最高 70 枚/分(140 面/分)
スキャンテクノロジー
デュアル CIS:グレースケール出力階調は 256 レベル(8 ビット)、カラー出力階調は 24 ビット(8 x 3)
プロセッサ
複数の Cortex M4 サブプロセッサを持つデュアル DSP イメージプロセッサを搭載した組み込みデュアルコア Cortex A15 プロセッサ
オペレータコントロールパネル
1.5 インチのカラー LCD
光学解像度
600 dpi
光源
デュアル RGB LED
出力解像度
75 / 100 / 150 / 200 / 240 / 250 / 300 / 400 / 500 / 600 / 1200 dpi 
最大/最小 原稿サイズ**
216 mm x 356 mm/52 mm x 52 mm 
長尺原稿モード: 216 mm x 3,000 mm

用紙の厚さおよび重量

27~433 g/m²(7.2 lb.ボンド紙~160 lb.カバーストック)
ID カードの厚さ:最大 1.4 mm

フィーダ
最大 80 枚の 80 g/m2 (20 lb.) 用紙

A8、ID カード、エンボスカード、保険証(縦向き・横向き)などの小さな原稿にも対応

原稿送り検出
超音波テクノロジーによる重送検知、インテリジェントドキュメントプロテクション機能
接続
USB 3.1 GEN1 (USB 2.0 および 3.0 と互換性あり)
 
ソフトウェアのサポート
標準ソフトウェア:
Windows同梱ソフトウェア: TWAIN、ISIS、WIA ドライバ
Alaris スマートタッチ
Alaris キャプチャプロソフトウェア(ライト版)(Webからダウンロード)

オプション ソフトウェア:
Alaris Info Input Solution
Alaris キャプチャプロソフトウェア(Windows のみ)
Asset Management Software
イメージ処理機能
バーコード読み取り(10 種類、片面あたり最大 6 個)、パーフェクトページスキャン、iThresholding、ATP(アダプティブスレッショルド処理)、スキュー補正、自動クロッピング、相対クロッピング、固定クロッピング、枠の追加/削除、エレクトロニックカラードロップアウト、デュアルストリームスキャン、拡張カラー管理、拡張カラー調整、ブライトネスおよびコントラスト調整、自動方向検出機能、自動カラー検知、背景色スムージング、インテリジェントイメージ端埋め、イメージ結合、コンテンツベースの白紙ページ検知、縞フィルタ、丸/四角イメージ穴埋め、シャープネスフィルタ、自動ブライトネス調整、自動ホワイトバランス、全カラードロップアウト、マルチカラードロップアウト、長尺原稿スキャン(最高 3000 mm)、スリーブスキャン(A3 ドキュメントのスキャン用)、白黒イメージ分割、自動写真クロッピング、 複数ドキュメント出力、イメージ分割、デジタルスタンピング
出力ファイル形式
シングル/マルチページ TIFF、JPEG、RTF、BMP、PDF、サーチャブル PDF、TXT、PNG、CSV、Word および Excel 
アクセサリ(オプション)
S2000 キャリアシート(5 パック)
Alaris S2050/2070/2060w/2080w フィードローラーキット
S2000 シリーズスタッキングディフレクター
Alaris 統合 A4/リーガルフラットベッド
Alaris パスポートフラットベッドアクセサリ
Kodak A3 サイズフラットベッド(S2040 では使用できません)
電源
100~240 V(海外対応)、50~60 Hz
消費電力
電源オフ時: < 0.5 W、スリープモード時: < 3.0 W、稼働時: <36W
環境対応
EPEAT 登録済み、ENERGY STAR 認定、動作温度: 10~35° C(50~95° F)、動作湿度: 15%~80% RH
騒音レベル
(操作位置の音圧レベル)
オフまたは待機モード: <20 dB(A)
スキャン中: <50dB(A)
推奨PC構成
スキャンアプリケーションを搭載する PC の最小要件:
Intel Core i3 プロセッサ以上、最低 4 GB RAM(Microsoft Windows)

適合規格および製品認証
AS/NZS CISPR 32(クラス B RCM マーク)、CAN / CSA – C22.2 No 60950-1(TUV C マーク)、カナダ CSA-CISPR 32 / ICES-003(クラス B)、中国 GB4943.1、GB9254 クラス B(CCC S&E マーク)、EN55032 ITE エミッション規格(クラス B)、EN55024 ITE イミュニティ規格(CE マーク)、EN60950-1(TUV GS マーク)、IEC60950-1:2005、台湾 CNS 13438(クラス B)、CNS 14336-1(BSMI マーク)、UL 60950-1(TUV US マーク)、CFR 47 Part 15(FCC クラス B)
消耗品
Alaris S2050/2070/2060w/2080w フィードローラーキット、ローラークリーニングパッド、STATICIDE ワイプ、トランスポートクリーニングシート、Brillianize Detailer ワイプ、S2000 キャリアシート 
外形寸法
重量: 3.3 kg、 奥行き: 204 mm(入力トレイと出力トレイを除く)、
幅: 312 mm、高さ: 182.5 mm(入力トレイを除く)、
入力トレイの奥行き: 269 mm、
入力トレイの高さ: 231.6 mm

* 読み取り速度は、使用するドライバ、アプリケーションソフトウェア、OS、PCおよび選択したイメージ処理機能によって異なる場合があります。

** スキャナーがサポートする最大原稿サイズは、出力画像の解像度と使用する画像圧縮によって異なります。



オペレーティングシステム

対応

  • Windows 7 SP1(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows 8.1 (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows 10 (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Server 2012 x64 Edition
  • Windows Server 2016 x64 Edition
  • LINUX UBUNTU 14.04/16.04
  • SUSE 13.2
  • Citrix 認定

データセキュリティ

顧客情報の保護 - Alarisのスキャナーは、シャットダウン時に効率的にイメージデータを消去する揮発性メモリからのみスキャンしたデータを処理します。

このスキャナーには不揮発性メモリ(NVRAM)と揮発性メモリ(SDRAM)の両方が搭載されています。

揮発性メモリは顧客のイメージデータの保存に使用されます。 装置の電源をオフにすると、メモリは消去されます。

不揮発性メモリはプログラムデータ、スキャナー設定、スキャナーのキャリブレーションデータの保存に使用されます。 顧客のイメージデータは不揮発性メモリには保存されません。

スキャナー設定のうち永久に保存されるのはEnergy Star設定のみです。 その他の顧客データは不揮発性メモリでは保存されません。

注意: イメージデータはPCに転送されて保存されます。 PCに保存されたデータの安全性については充分に注意する必要があります。

マニュアルおよびガイド

よくある質問

当社の製品を最大限に活用することをご希望ですか? この製品に関するよくある質問をご確認ください。

ヘルプ

スキャナーのインストール、ハードウェアまたはソフトウェアについてのご質問は、  こちら。  

Smart Touch Install
How to add passport scanning
How to avoid scanner misfeeds
How to scan fragile documents using the carrier sleeve | Alaris S2000 Series Scanners
How to use multifeed detection
S2000 Series Hardware input-output trays overview

サポートのお問い合わせ

サポート・お問い合わせ: 下記のフォームにご記入ください。弊社担当者よりご連絡を差し上げます。米国またはカナダで保証または機器の契約のサービスリクエストを行うには、ここをクリックしてください。

ご送信いただきありがとうございました。 早急にご連絡を差し上げます。
送信エラー